確定申告 スマホでも可能になりました

こんにちは。つばさです。

いよいよ 確定申告が迫ってきましたね。

今年の申告期間は 2月18日(月)から3月15日(金)です。 

さて 今日は 私の確定申告に関する経験について書いてみたいと思います。

大学を卒業した後 1年ほど印刷会社で働いたのち 知人の紹介で 某税理士事務所で働き始めました。

自分の担当関与先を持っていたわけではなく 職員が関与先から持ち帰る会計伝票や会計日記帳などの日々の取引の科目コードや日付 金額などのデータを入力する仕事でした。

どの月も末日近くになると 決算業務などのために忙しいものでしたが とりわけ 個人事業主の所得税の確定申告業務が集中する2月15日頃から3月15日までのひと月は目の回るような忙しさでした。

私が働いていたころは ネット申告などまだない時代で 税務署から送られてきた申告用紙に印刷していました。

税務署からの用紙には その事業主の固有の情報があらかじめ印字されていて 印刷をミスるとその用紙を添付して提出書類を製本しなければならず 作業工程が増えるため ミスりたくなくて プリンターにセットする際に かなり緊張したものです。

申告期限に関しても オンラインなら24時間申告可能になりましたね。

それまでは 3月15日付けの消印をもらうために 男性職員が 3月15日23時59分ぎりぎりの深夜に郵便局に駆け込むといったケースもありました。

夕食は 少しでも時間短縮のために 店屋物の出前を会社でとって食べたり。

そういう経験は もう二度とできないと思うので 貴重な経験をさせてもらったなと思っています。

e-taxが始まったのはいつ?

便利でスピーディなe-taxですが 取り扱いが始まったのは2004年(平成16年)、 正式名称を国税電子申告・納税システムと いうそうです。

2019年の1月からはスマートフォンによる申告もできるようになっています。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/smart_shinkoku/index.htm

国税庁ホームページより