長谷川博己 「まんぷく」の次は「麒麟がくる」

こんにちは。

つばさです。

いよいよ 確定申告が始まりましたね。申告の必要な方は お早めに申告されてくださいね。

さて 皆さんもご存知かもしれませんが 来年の大河ドラマは「麒麟がくる」。

明智光秀の生涯を描きます。

主演は 長谷川博己さん。シン・ゴジラの人ですね。朝ドラ『まんぷく』では ヒロインの夫役を演じています。

ラーメンを揚げる金網を 刀に持ち替えての活躍ですね。

ここで 光秀を演じた歴代の俳優さんたちを振り返ってみましょう。

イケメンではないが文化人らしい光秀 春風亭小朝

現在 NHK BSプレミアムで再放送中の『軍師官兵衛』での配役。

決してイケメンではないが 落語をやっているせいだろうか 文化的な素養を感じることができる光秀でした。

「心頭滅却すれば火もまた涼し」で有名な快川紹喜とともに燃え尽きた恵林寺を前にして 泣き崩れた演技は忘れられません。

篠原涼子の旦那さん 市村正親はシリアス光秀

市村正親さんといえば 劇団四季の ファミリーミュージカルで育った世代には 「人間になりたがった猫」のライオネルのイメージしかなかったのですが 

信長に翻弄されるつらさがよく出ていたように思います。

少し前にやっていた 家康 江戸を建てる のイメージが強すぎて 私の中では家康の市村正親になってしまっていますが(笑)

あ、思い出した。「獅子の時代」にも確か出ていたはず。小此木なんとか。大原麗子の弟役ですね。

ガンで逝った坂東三津五郎の光秀は男の色気があった

和久井映見演じる 信長の妻 帰蝶(濃姫)とは幼い頃からの恋仲だったという設定の光秀。

光秀の軍勢が押し寄せたとき 濃姫も本能寺に滞在していた という話は史実と異なるかもしれませんが 

憎からず想っている女性のいる寺を攻めるというのはドラマチックですよね。

母親の磔シーンが 印象に残っている村上弘明の光秀

竹中直人が豊臣秀吉を演じた『秀吉』のなかで 浪人時代のころから登場。信長に仕えるようになってからも お互いに切磋琢磨する間柄として描かれています。

八上城での攻防において 信長の命によって 母を見殺しにしてしまったことも 本能寺において信長を攻める理由のひとつになった という描かれ方をしていました。

光秀のお母さん役は 野際陽子さんだったと記憶しています。

彼女なら 最期の時に及んで 命乞いなどしない毅然とした母親を演じられたことでしょうね。