台風24号による停電で、身をもって知った電気のありがたみ

いやあ すごかったですね。

台風24号 チャーミーの暴風雨。

 

こんにちは つばさです。

台風一過 一夜明けてみれば 道路に様々な飛来物が散乱。台風の残した爪痕をまざまざと見せつけられた朝でした。息子の通う高校は学校内にたくさんの樹木が植わっているのですが 1本の木が倒壊し 歩道を塞いでしまっていました。Σ(・□・;)

電気が来ないと何もできない

さて 台風の接近した9月30日(日曜日)を振り返ってみると

朝7:00頃 風雨の音で目覚め 寝ぼけまなこのままトイレへ。

 

(。´・ω・)ん?

(。´・ω・)ん?(。´・ω・)ん?

 

なんかいつもと違う。

お尻に触れた便座の冷たさで 停電に気づいたわけです。

そのうち復旧するだろうと軽く考えていたら 次第に風雨が強まってきました。大工だった舅が若いころに作った家は雨戸がなく 剥き出しのサッシに風が吹き付け そのたびに家がきしみます。

10時になってもまだ復旧しません。

モバイルバッテリーを使ってスマホを充電しつつ 「○○○市(自分の住んでいる場所) 停電」で検索してみると その時点でわたしの街は800戸ほどの停電という数字でした。

停電の影響で 自宅のWi-Fiも使えなくなりました。スマホのLTEからテザリングするしかありません。

11時になっても復旧しません。いつになったら復旧するのかなぁ、とちょっと不安になってきました。

楽しみにしていた「軍師官兵衛」が、、、(´;ω;`)

私の数少ない日曜日の楽しみのひとつが NHK BSプレミアムで再放送されている 往年の大河ドラマ「軍師官兵衛」の視聴なのですが 停電のために見れませんでした。泣

先週がちょうど高松城水攻めにとりかかったところだったのです。

清水宗治役の宇梶剛士さんの重厚な演技をとても楽しみにしていたのに 残念。

夫や息子と3人で後片付け

15時を過ぎて 瞬間的に強い風は吹くものの スマホで確認する限り暴風雨域も抜けたようなので とりあえず庭に出てみました。我が家の周りには 杉の木が何本も植わっていて とにかく台風のあとは落ち葉や折れた小枝の飛来がすごいのです。夫と息子と3人で 後片付けです。時折吹く突風におそれおののきながら (できれば頭を覆う頭巾なり ヘルメットをかぶって作業したかったというのが本音です)庭ぼうきとレーキを使って作業しました。

家に中に戻ってみると 依然として 停電したままです。

いやな予感がしてきました。

せごどん 見れるかなあ。

16:00 この時点で 県内はおよそ20万戸を超える戸数で停電。

いつになったら 復旧するのだろう。

結局 18時になっても復旧せず その時間の西郷どんのBSプレミアムのは見れず。

その後 19時前にようやく復旧しましたが 本放送は休止でした。(;´д`)トホホ

近畿、東海 関東甲信越地方の台風情報関連のニュース延長のためだったらしいですが もしかしたら 停電のために満足にテレビを視聴できない地元の事情を慮ったNHKの粋な計らいだったのではないか とも考えました。

身をもって知った電気のありがたみ

今回の長時間の停電で いかに 現代の私たちの生活が電気によって維持されているかを身をもって知ることができました。スマホを使うにしても テレビをみるときも ご飯を炊くのも すべて電気に頼っている私たち。

災害に備えて 個人で蓄電池などを装備しておいてもいい時代になってきたのかなと思いました。