グリーンファンと「半分、青い。」

こんにちは。

つばさです。

久しぶりの投稿となります。

朝の連続テレビ小説「半分、青い。」。ようやくというか 満を持してというか,やっとこさメインの扇風機の話になってきました。

ここまで長かった。

紆余曲折ありすぎ(笑)

基本的に 朝ドラは実在の誰かの生き方に焦点をあてていきます。特に女性。

今回は、扇風機発明のお話。 1台が3万円以上するような高級の。

私は多分買わないと思いますが その扇風機の生み出す風に価値を感じる人はお金を払って購入するのでしょうね。ドラマの中では 癌を患った母に そよ風のような心地良い風を届けたいというヒロインの思いが出発点となって 製品として形になっていきます。

そよ風のような風を作り出すにはどうすればいいのか。試行錯誤の中で 昔の職場の上司(100円ショップ大納言の田辺さん)が「扇風機の風は強すぎるから 壁の方へ扇風機を向けて その跳ね返った風にあたるようにするといい塩梅なんだよ」と言ってた話を思い出し 製品作りに活かします。

家電量販店に売られている3000円前後の扇風機の風と 3万円を超える扇風機の生み出す風は違うのか もし本当に違うならどんな風に違うのか

いつか体感できたらいいなと思ってます。