マグニフィカ(全自動コーヒーマシン)がやってきた ヤァ!ヤァ!ヤァ!

こんにちは。つばさです。

入学式のシーズンですねえ。

高校生の次男は 昨日が始業式でしたが 車で送っていきながら 2年前の入学式のことを思い出し

本当に月日が経つのは早いなあと思いました。

さてさて 私の仕事場にも クールでスタイリッシュなニューフェースがやってきましたよっと。

彼の名は マグニフィカ。いや、彼女かもしれませんが( ´艸`)

オイルヒーターで有名な イタリア デロンギ社の全自動コーヒーマシンです。

マグニフィカとは

イタリア デロンギ社の全自動コーヒーマシンです。

ボタンを一度押すだけで 豆から挽いたレギュラーコーヒーをいただくことができます。

マグニフィカの意味

イタリア語で「すばらしい」という意味だそうです。

マグニフィカといえば 同名の日本の競走馬が有名ですね。

おもな勝鞍(かちくら)は ジャパンダートダービー。

ダート馬なんですねえ。

バリスタ(ネスカフェ)との違い

私の仕事場では この前まで ネスカフェのバリスタを使っていましたが 

このマグニフィカがやってきたので バリスタは引退となりました。

バリスタは 豆からではなくて インスタントコーヒーを使うので その分味の切れが悪くなることは否めませんが でも お手軽だし 安いし 今まで働いてくれてありがとう ご苦労様でした という気持ちでいっぱいです。

メーカーはデロンギ社

デロンギ社は イタリアの電気機器製造メーカーです。日本では オイルヒーターが有名ですね。

海外の家電メーカーに疎い私は 最初 デロンギのコーヒーメーカーと聞いて???となりました。

まとめ

初めてバリスタのコーヒーを飲んだ時も 普通にインスタントコーヒーを作って飲むよりもおいしいと感じましたが 豆から挽くせいか マグニフィカのはより味が濃く香りが豊かだと感じました。

なんといっても 抽出されてカップの中に滴り落ちる瞬間の香りがすばらしく 満ち足りた気分にしてくれます。