春日局【信長憎しで将軍家光を誕生させた女傑】

春日局とは

江戸時代初期に活躍した女性。政治家。大奥の基礎を作った人物としても有名ですね。拙ブログでは 来年の大河ドラマ「麒麟がくる」にまつわる人物についても書いていきたいと思っています。
今回は春日局について書いてみました。
私が印象に残っている春日局は 大原麗子さんが演じたときのものです。

謀反人 明智光秀の重臣の娘

春日局(斎藤福)の父親は 斎藤利三(さいとうとしみつ)、明智光秀の重臣でした。1582年 本能寺の変が起こると 敗走中にとらえられ 処刑されてしまいます。

福は 謀反人の重臣の娘となってしまったわけですね。

その後 小早川秀秋の家臣である稲葉正成の後妻となります。

小早川秀秋を東軍に寝返らせた調略の力

関ケ原の戦いが始まると 夫の主君である秀秋に働きかけて 東軍に寝返らせます。
秀秋が寝返るまでは 戦局は拮抗しており 秀秋の寝返りが東軍の勝利に大きく貢献したことはまちがいありません。
福にしてみれば かつての主君や父親を討った秀吉の息子に不利になるように仕向けるのは 当然のことと言えば当然だったかもしれませんね。

3代将軍・家光の乳母に!

関ケ原の戦いで東軍に有利になるように秀秋を仕向けた功績が認められたためでしょうか 三代将軍家光の乳母に抜擢されます。

謀反人の家臣の娘が 次期将軍と目される少年の乳母になるなんて すごい出世ですね。

お江との対立、家康への直談判 

家光の母であるお江は 茶々 お初 の妹で お市の方と浅井長政夫婦の娘ですね。お市の兄で お江の叔父である信長を討った光秀に連なるお福に対して良い感情を持てないというのは当然といえば当然の話で ちょっとしたことでバトルを繰り広げていたのでしょうね(笑)

お江は 次男の忠長をかわいがり 次の将軍にしたいと考えていたといわれています。それに対して お福は長男の家光を推します。

そして 駿府城へ乗り込み 家康に直談判し 次期将軍は家光との約束をとりつけます。

きっと 関ケ原での借りを返せと思っていたのでしょうね。

家光の子作り大作戦など

家光は女性に興味を示さなかったともいわれており 将軍継嗣問題にも関わる由々しき事態との危機感から お福の肝いりで作られたのが大奥だったといわれています。

最後の将軍 徳川慶喜の時代まで連綿と続く女の園を作り上げるなんてすごいですね。