オレオレ詐欺と愛の言葉

こんにちは。

ご覧になった方もいるかもしれませんが 6月19日の「ためしてガッテン」では オレオレ詐欺の対策に 高齢者世帯の固定電話の留守番電話機能が有効だということを伝えていました。

愛の言葉は耳元で

人の脳には 遠くで話す声に比べて 耳元でささやかれる声により強く感情を揺さぶられる というしくみがあるそうです。

これだけ各種メディアでとりあげられ 対策も講じられているはずなのに なぜオレオレ詐欺の被害が減らないのか。

このしくみと深いかかわりがあるのです。

電話に出てしまったら 引き返せない

番組では スピーカーから聞こえる声と イヤホンから聞こえる声と どちらがより人の感情に影響を与えやすいか という実験をしていました。

スピーカーから流れる音声のときは冷静に作業できていた人も イヤホンで作業が指示されると追い立てられているような錯覚に陥り 冷静さを失ってしまうのです。

ある一定の距離から投げかけられる言葉なら絶対に騙されない人でも 電話に出て 犯人の息遣いを聞き 犯人のペースでまくしたてられると 正常な判断ができなくなっていくのです。

留守電の応答メッセージは変更できる?!

これ あまり知られていない機能かもしれませんが デフォルトの応答メッセージは任意に変更できるようです。

無味乾燥な応答メッセージは 電話をくれた人に失礼だと思ったら 自分の声で録音し直せばよいのです。

[応答メッセージの例]
ただいま防犯対策のため 留守電設定にしております。
すぐに折り返しますので発信音のあとに お名前とご用件をいれてください。

※犯人につけいる隙を与えないよう名前など個人情報は決して名乗らないでください。

基本的に この例文をもとに 自由にアレンジすればよいのです。

番組の中では お孫さんが代読したり 方言で話す人もいたり 和気あいあいとした感じで楽しそうでしたよ。(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

おまけ

恋の告白にも使える⁈

耳元で囁かれる声に 強く感情を揺さぶられるのであれば 恋の告白にも応用できそうですね。

事実 番組の中でも テレビに耳を近づけた場合と テレビから離れた場所で 異性の声を聞き比べる実験がおこなわれており 耳を近づけた方が よりときめいたという意見が多かったです。

いま ひそかに意中の異性がいる方は応用して見られてはいかかでしょう。